新潟市でリフォーム・リノベーションを考えている方必見! 口コミや評判でおすすめの業者を紹介します。

使い方は自由自在!空き家リノベーション物件の様々な活用法とは?


親族から不動産を相続したものの、どのように活用すればよいのか悩んでいる方は少なくありません。誰でも住んでいない空き家だとしても、固定資産税などの維持費が発生してしまいます。できるだけ早く売却や賃貸に出したい場合は、リノベーションするケースが増えているようです。本記事では空き家リノベーションの活用方法について解説します。

空き家リノベーションとは?

親族から不動産を相続したものの、既にマイホームを所有している場合は、どのように活用するか悩んでしまいます。誰でも住んでいない家は劣化が早いだけでなく、ごみの不法投棄などによる衛生面の悪化や最悪の場合犯罪者が住み着いてしまうケースも考えられます。これらのことから、空き家を放置したままだと近隣トラブルになる可能性が高いです。近所の方たちに迷惑をかけないためにも、空き家はできるだけ早く対応する必要があります。

しかし賃貸や売却に出す場合、老朽化している家でも大丈夫なのかと心配する方も多いでしょう。確かに、老朽化している家だと他の家よりも借り手や買い手が見つかりづらい傾向があります。そこで、より良い状態で賃貸や売却に出すために、空き家リノベーションをする方が増えているのです。リノベーションすることによって、壊れている箇所や古くなった部分を改修するだけでなく、最新型の設備を搭載することで、より快適な暮らしを実現することができます。

リノベーションの意味

古くから住宅改修の時に使われる「リフォーム」との違いはなんでしょうか?リノベーション協議会という団体によれば、それはリフォーム=小規模な改修という意味もありますが、イメージとしては「現状を残したまま回復する」という状態に近いものだそうです。

対してリノベーションとは「骨格」「柱」などだけを残した状態で間取りや配置を大幅に変えてしまう工事のことを意味します。リノベーションをすることで、家の価値そのものを向上させることができます。お部屋を時代に沿った間取りやデザイン、最新機能を搭載することで、借り手や買い手が見つかりやすくなるのです。

空き家リノベーションの活用の種類

空き家をリノベーションにした場合、どのような活用方法があるのでしょうか。

・自分で住む
空き家を購入、もしくは親族の空き家を相続してリノベーションして自分で住む住宅にするという方法があります。空き家ということは中古物件ですから、購入する場合でも費用を比較的おさえることができます。そしてなにより固定資産税がかなり抑えられるというメリットもあります。

・賃貸にする
自分が住む家を既に所有していて、親族からの空き家を相続してそれをリノベーションしたのちに、賃貸に出すという方法もあります。最近流行っている不動産投資と同じです。中古物件のまま賃貸に出してしまうと、古い家屋の条件で賃料が決まってしまいますが、リノベーション後に賃貸に出すと、家屋価値は当然ながら上がっていますので、賃料も高めに設定できるようになります。また賃貸に関する手続きやトラブルも不動産会社などと委託契約をすれば、一定の管理費用は発生しますが、賃貸物件に関する管理や家賃の滞納、家屋の破損に関することにも幅広く対応してくれます。

・イベントスペースとしての賃貸にする
最近よく聞くのがイベントスペースとして時間貸しする活用方法です。一日限りでカフェやラーメン屋など、日替わりで営業する店が変わるという物件があります。それだけではなく、撮影会やその場所で複数家族が集まる誕生会、お別れ会、女子会など自宅では集まりにくいけど気兼ねなく自宅のように楽しみたいという場や、料理教室を開催したいなどという場合もニーズがあります。

 

このように現在注目されている活用方法で稼働率が高い場合は、利益も普通の賃貸に比べて上がる可能性は高いです。しかし、時間貸しという特性上収入が安定しづらい傾向があります。また賃貸に比べて、管理の業務委託がしにくいというデメリットも存在するので、自分に合った活用方法を選びましょう。

空き家リノベーションする上での注意点

中古物件を購入するなり親族から相続するなりして手に入れた場合、リノベーション後だけを気にしてしまいがちです。しかし、リノベーションをする上で注意するべきポイントがあります。

大きく分けて「予算」「思わぬ老朽化」「構造上の間取りの変更不可」の3つです。次に詳しく解説していきます。

予算

家づくりをする際、誰しも少なからずこだわりや理想があるはずです。こんなデザインにしたい、間取りはこれがよいなど、設備のグレードなども含めたらきりがありません。しかし、予算は各家庭によって限られているので、場合によっては妥協しなければならないケースも出てきてしまうでしょう。予算が足りない場合でも、住宅ローンというものは物件を取得するためのローンなので、リノベーションでは住宅ローン枠を利用ができない可能性があります。そのため、予算を明確にし、ローンを契約はできるのかどうかもしっかりと事前に確認しておきましょう。

思わぬ老朽化

中古物件を相続した場合はともかく、購入する場合は事前に調査をしているはずですが、床下の工事に入った時に予想以上に老朽化があった場合は、基礎自体も補強修繕が必要になることがあります。そうすると工事期間が予定よりかかるだけでなく、費用もかさんでしまいます。もし、仮住まいをしていた場合はそちらの賃料もかかってしまうでしょう。中古物件に関しては、老朽化によって予想外の出費が発生してしまう可能性があることを、念頭に置いておきましょう。

構造上の間取りの変更不可

これは主にマンションなどで起こってしまう事例ですが、「広いリビングにあこがれていたのに、どうしても動かせない柱や壁があった」「システムキッチンの電力不足」「配管の関係で水回りが変更できない」などの希望通りにならない場合があります。リノベーションをしたい物件を見つけたら、リノベーションに強い業者に事前に理想通りの部屋にできるかどうか確認しておいた方がよいでしょう。

 

空き家の活用方法は幅広くあるので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。賃貸や売却に出す場合は、リノベーションをしてからの方が価値も上がり、借り手や買い手が見つかりやすいです。自分で住む場合も、リノベーションすることで理想の家を手に入れることができます。空き家のまま放置するのはデメリットしかないので、できるだけ早くどのように活用するかを決め、行動に移すようにしましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
新潟市のリノベーション業者ランキング!
第2位 住友林業
住友林業の画像
記事一覧